2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Eagles 「hotel california」

こんにちは。

暑いですねぇ
いかがお過ごしでしょうか

さて、今回はボクのお勧めの音楽を紹介します

イーグルスの「Hotel California」

この曲はですねぇ
なんか昔ものすごーくはやった曲らしいんですよ

本当かどうか分かりませんが、
アメリカのFM局では四時間半に一回、
人気のある曲ばかり流しているところでは一時間半に一回は流れていたそうです

とにかくそれはもうすごくヒットした曲らしくて
歌詞が深いんですよね

歌詞を載せると長くなるので続きを読んでください
歌詞です
On a dark desert highway, cool wind in my hair
Warm smell of colitas, rising up through the air
Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
My head grew heavy and my sight grew dim
I had to stop for the night

There she stood in the doorway;
I heard the mission bell
And I was thinking to myself,
'This could be Heaven or this could be Hell'
Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say...

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year, you can find it here

Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes bends
She got a lot of pretty, pretty boys, that she calls friends
How they dance in the courtyard, sweet summer sweat.
Some dance to remember, some dance to forget

So I called up the Captain,
'Please bring me my wine'
He said, 'We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine'
And still those voices are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say...

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
They livin' it up at the Hotel California
What a nice surprise, bring your alibis

Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice
And she said 'We are all just prisoners here, of our own device'
And in the master's chambers,
They gathered for the feast

The stab it with their steely knives,
But they just can't kill the beast

Last thing I remember, I was
Running for the door
I had to find the passage back
To the place I was before
'Relax,' said the night man,
We are programmed to receive.
You can checkout any time you like,
but you can never leave!


・・・英語そのまんまでは分かりませんよね
というわけで翻訳ページで翻訳してみましょう!



暗い砂漠高速道路では、私の髪の風を冷やしてください。
colitasの暖かいにおい、先の遠くに、私が、Myヘッドがどっかり成長して、私の視覚が育てたせん光が薄暗くするのを見た空気Upを通して上昇して、私は、夜、止まらなければなりませんでした。

そこでは、彼女が戸口に立ちました。
私は、私が任務ベルAndであったのが、彼女がキャンドルを明るくして、Thereが廊下の下側への声である方法で、私が、彼らが言うのを聞くと思ったのを私に示すと自分、'これは天であるかもしれませんかこれはHellであるかもしれない'というThenと思っているのを聞きました…

余地のすてきな表面Plentyはホテル・カリフォルニアAny時期にホテル・カリフォルニアのSuchのaすてきな場所Suchへようこそ、とあなたがここでそれを見つけることができます。

彼女の心は、ティファニーが撚り合わせて、彼女がSheが多くのきれいで、きれいな少年を届けたメルセデス外部腰板を得て、彼らが中庭(甘い夏の汗)で踊る友人Howと呼ぶということです。
覚えている何らかのダンス、忘れる何らかのダンス

それで、私はキャプテンを呼び出して、彼は、'私のワインを私に持って来てください'と言いました、'19 69'And以来私たちはここにその精神を飼っていません、それでも、それらの声が遠くから電話をしていて、和氣はそれらを聞くJustが言う夜中のあなたです…

ホテル・カリフォルニアのWhatのa良い驚きで楽しむすてきな表面Theyは、ホテル・カリフォルニアのSuchのaすてきな場所Suchへようこそ、そして、言い訳をもたらしてください。

マスターの判事室の天井、彼女が言った氷のAndの上のロゼシャンパンでは、'私たちは皆ここの私たち自身の装置の公平な囚人である'という鏡のAnd、Theyが祝宴のために一刺しを集めた、それ、それらの鋼鉄のようなナイフ、それらがまさしくそうすることができないButと共に野獣を殺してください。

Weが、自分が覚えている最後のこと、私は通路の逆Toが、'リラックスしてください'の前に、私がいた場所であることがわかるために持っていたドアへのRunningでした、と夜勤の人が言ったのを受けるようにプログラムされます。
あなたはいなくなることができます。しかし、いずれもあなたを調節するチェックアウト、あなたは決していなくなることができません!


?????

・・・歌詞をそのまんまコピーして翻訳してくれるページで翻訳してみたのですが、
もっと意味が分からなくなりました

ちゃんと翻訳されている日本語の歌詞だと


暗く寂しいハイウェイ
涼しげな風に髪が揺れる
コリタス草の甘い香りがほのかに漂い
はるか前方には かすかな灯りが見える
頭は重く 視界かすむ
どうやら今夜は休息が必要だ
礼拝の鐘が鳴り
戸口に女が現れた
僕はひそかに問いかける
ここは天国? それとも地獄?
すると 女はローソクに灯を灯し
僕を部屋へと案内した
廊下の向こうから こう囁く声が聞こえる

ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
ホテル・カリフォルニアは
数多くのお部屋をご用意して
あなたのお越しをいつでもお待ちしています
ティファニーの宝石のように繊細で
高級車のように優雅なその曲線美
美しいボーイたちはみな
彼女たちに心を奪われている
中庭では香しい汗を流して
ダンスを踊っている人々
思い出を心に刻もうとする者
すべてを忘れるために踊る者

そこで僕は支配人に告げた
「ワインを持ってきてくれないか」
すると彼は「そのようなスピリットは1969年以降一切ございません」
それでも人々が深い眠りについた真夜中でさえ
どこからともなく 声が聞こえてくる

ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
どなたもホテルでの人生を楽しんでいらっしゃいます
口実の許すかぎり せいぜいお楽しみください
鏡を張りめぐらせた天井
グラスにはピンクのシャンペン
誰もが自分の意思で囚われの身となった者ばかり
やがて 大広間では祝宴の準備がととのった
人々は 鋭いナイフを突き立てるが
誰ひとり内なる獣を殺せない

気がつくと僕は出口を求めて走りまわっていた
もとの場所に戻る通路を
なんとかして見つけなければ・・・
すると 夜警がいった
「落ち着いて自分の運命を受け入れるのです
チェック・アウトは自由ですが
ここを立ち去ることは永久にできません」

らしいです

これでだいぶ分かりやすいですよね

これは歌自体が小さなストーリーになっていて
夜中、車を運転していて疲れたので休もうと思って立ち寄った小奇麗なホテル

そのホテルはとても楽しいところだったのですが、
ずーっと楽しいことばかりして楽しく過ごしているだらけたほかの客を見て
出て行きたくなったが、夜警に「立ち去ることは出来ない」といわれる、といったところでしょうか

なんか分かる気がします

歌詞の詳しい意味などはhttp://g-onion.hp.infoseek.co.jp/hotel%20california.htmlにあります

ちなみに、昔「ホテルカリフォルニア問題」なるものが発生したらしくて、

パソコンには大きく分ければMacintoshとwindowsとが存在しますよね

昔、Windowsのパソコンを使っていた人が、
アップル社のMacintoshが発売されたときにwindowsからMacintoshにデータを移し変えて
そっちを使うようになったのですが、

MacintoshからWindowsに戻すときにデータの移し変えが大変困難で
Windowsに沿う簡単に戻れない、というのが本当にあったらしいですよ

ではまた。
スポンサーサイト


comment

Secret

No title

この曲もってますよ。
歌詞を載せるのヤバくないですか?
著作権的に考えて
クリックお願いします
ぽちっと1クリック
お願いします
Hyde'sPC

Facebookページも宣伝
プロフィール

hyde551

Author:hyde551
the spec of hyde551
年齢:見た目はおっさん、実は高1
性格;しつこいってよく言われます。
血液型:こんなのはどーでもいいです
住処:大阪の北の方
最近どう?:サボり癖が…
趣味:芸術的写真の撮影!
   パソコンをいぢる
   ゲーム大好き
   自転車でぶらぶら
   ときどきAlto sax
コメント:
ども
私生活がちょっとカオスなことになってるので更新がかなりまばらになってしまっています。
それでも、一ヶ月に一度は更新して例の広告が出ないようにがんばっていこうと思いますので、時々のぞいていただければ嬉しいです。
主にツールの紹介ですが、最近は写真のことばかり・・・

※相互リンク大歓迎!

Lはじめてhyde'sPCに来ていただいた方へ
Lこのブログを読む上での注意
L読む前に覚えてほしい基礎用語

アクセスカウンター
サイトマップ

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
hyde'sPC別館
「hyde's anotherPC」は
コチラ
やすろぐらーリンク集
掲示板はコチラ
連想ゲーム[Monky Banana]はコチラ
検索フォーム
お気に入りに登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。